トップ

BYODで「i-FILTERブラウザ&クラウド」を活用

会社支給の携帯端末ではなく、従業員の私物の携帯端末を業務に利用する「BYOD(Bring Your Own Device」個人の端末を利用するので、コストを下げる事が可能。
従業員自身も普段使用している端末を使うことで、仕事の効率も捗るので急激に普及しつつあります。
しかし、その一方で、個人の端末に業務情報が保存されていると、端末を紛失してしまった場合に情報が外に漏れる危険性があります。
現に、個人端末に業務情報を保存するユーザーが7割もいます。
そこで「i-FILTERブラウザ&クラウド」の活用例をご紹介します。
企業の重要データを残さないので社内データのアクセスを「i-FILTERブラウザ&クラウド」に限定する事により万が一端末を紛失しても、情報漏洩のリスクを最小限に抑えることが可能です。
プライベートでは使い慣れた端末、仕事では「i-FILTERブラウザ&クラウド」と使い分ける事が重要な一つのポイントになります。