トップ

ヒップホップファッションの歴史

一言でヒップホップファッションといっても時代によって全然着こなしが変わります。
ヒップホップが生まれたばかりの頃は、ラップやグラフィック、ダンス等全てに取り組んでいる人たちばかりだったので、ストリートで動きやすい機能的なファッションが目立ったようです。
短パンにハイソックス、意外と全体的に細身な服装をしていたようですね。
ヒップホップが有名になり、徐々にヒップホップファッションも多様化してきました。
ラッパーとして成功した人のなかには、成金っぽいファションが目立ったり、だぼだぼのいわゆるB系と言われるファッションも登場しだします。
一般的なラッパーのイメージってその時代のものかも知れませんね。
最近では、全体的に細身になってきていて、ハイブランドでオシャレに決めている人も多くなっています。
ヒップホップが商業的に認められる時代となったことで、昔のストリートの泥臭い感じの着こなしは減ってきていますね。
ヒップホップも昔よりはかなり人気なジャンルとなったので、キレイ目なファッションと混ざり合っているような印象もあります。
昔の貧乏なストリートファッションも泥臭くてかっこいいし、最近のきれいな着こなしもおしゃれで良いです。
一度ヒップホップのファッションを振り返ってみて、いろんな時代のアイテムを取り入れてみると、ヒップホップ好きな人から一目置かれるかも知れませんよ。