トップ

定期メンテナンスと駆けつけサービス、万が一の時の補償も

太陽光発電は環境に優しいエネルギーとして、地球温暖化防止に役立つと話題になり、補助金制度の後押しも相まって導入者が増えました。
その後、震災などの大災害を契機に災害時の非常電源として利用できることや、節電要請に伴い、一気に需要が伸びました。
さらに売電制度がスタートすると、今度は自家用や非常電源、環境貢献のための導入ではなく、発電した電力を電力会社に売電して収入を得たいと設置するケースが増えています。
太陽光発電は導入コストがかかるため、投下資本を回収して早期に収益を実現するためにも、毎日効率よく発電して売電収入を得たいところです。
そのために欠かせないのがメンテナンスです。
問題や故障の有無にかかわらず、定期的に行う点検のほか、おかしいなと思ったときや異常時に駆けつける駆けつけサービス、さらに近年では保険も誕生しています。
自然災害によってシステムが故障したり、停止して売電収入を得られなかった場合に、得られるはずだった売電収入相当額を保険金でカバーできるという保険です。
太陽光発電で毎日スムーズに発電して、効率よく売電収入を得るには発電状況の監視サービスと定期メンテナンス、駆けつけサービス、そして保険をセットで考えると安心でしょう。http://eyeeco.jp/