トップ

面接に必要な業務をロボットで簡略化

ディップ株式会社は「コボット」というRPAサービスの展開をしている企業ですが、2020年の5月25日から新しく中途社員採用の一元管理を目的とした「面接コボットfor転職」の提供をスタートさせました。
そもそも、この「面接コボットfor転職」は元々リリースしていた「面接コボット」を下地にしており、「面接コボット」がアルバイト中心の採用面接に特化していたという事に対して「中途社員の採用について効率化をしたい」というニーズから誕生しました。

では、このサービスの肝となる部分とはどのようなところなのでしょうか。
それはずばり煩雑になりがちなやり取りを短縮できるというものになります。
面接というのはとにかく工数が多い作業として知られています。
求人メディアに募集をかけて、そこからの応募者に連絡をして、日程を調整し、実際に面接をする。
そこで採用が決まれば良いですが、優秀な人材に当たるまでこれを繰り返さなければいけません。
人材不足に喘ぐ日本の雇用状況ではこれは大きな足かせになります。

しかし、このサービスを使えば日程調整だけでなく人材の絞り込みをチャットボットを使って自動的に行なってくれます。
また、決まったスケジュール管理なども面接担当者のデータに自動入力してくれるのです。
このようなサービスを活用する事によって働き方改革が推進すると予想されています。