トップ

ビットコインのオープンソースという仕組み

ビットコインが従来の仮想マネーと一番違うのは、オープンソースという仕組みを採用していることです。
仮想マネーは、信頼性の後ろ盾がないということから敬遠しがちな人も多いですが、その仮想マネーの弱点を克服するための仕組みがオープンソースということになります。
たとえば、ビットコインの取り引きはその内容がすべてオープンとなっていて、だれでも閲覧ができるようになっています。
また、その内容に誤りがないかということも、ユーザー自身の手で確認作業が行われるようになっています。
つまり、ユーザー同士の取り引きをその他のユーザーが全員でチェックしているということになります。
また、コインの発行量や流通量についてもオープンになっています。
これは、通常の通貨と大きく異なる点です。
円などの通貨は、景気を考慮して中央銀行がその流通量をコントロールしていますが、ビットコインは誰かによって発行量がコントロールされるということは一切なく、いつまでにどのくらいのコインが発行されるかということは常に公表されています。
このように、何から何までオープンだと、逆に匿名性が守られないのではないかと考える人もいるかもしれませんが、その不安はありません。
コインの利用には秘密鍵暗号方式が採用されていて、アドレスが他人に判ってしまうということはありません。
ですから、安全かつ健全に取引が可能なのです。